トイレの床が水浸しでビックリ!

会社のトイレの水が中々止まらないというトラブルが以前あったのですが、全国にもトイレの床が水浸しでビックリ!といった同様のトラブルで悩んでいる方がおられるようですね。そもそもトイレの床が水浸しというのは、トイレの配管が詰まっているかもしくは、トイレのタンク内に給水する水が止まらないという2通りのケースが考えられます。トイレの配管の場合には、市販されている配管クリーナー用の洗剤やラバーカップで配管の詰まりを直す必要があるでしょうね。

一方、トイレの排水タンクから水があふれているようであれば、タンク内にある浮き球を止めている留め具が外れてしまい水を止める機能が働いていないということが考えられます。いずれせよ、センサーが人を感知して水を話すような最新式のトイレの場合には、まずはコンセントからトイレ用の電源プラブを抜くことが先決でしょうね。そうでないと、水浸しになったトイレの床の掃除をしている間に、センサーが人を感知して再び水が流れてくる可能性があります。

その次に、配管を掃除するなり給水タンクを調べるなりの対策が必要でしょうね。こうしたトラブルというのは、一般家庭の場合にはあまりないことなのかもしれませんが、一人暮らしの男性が住んでいる賃貸住宅などの場合には、水に溶けやすいトイレットペーパーを使わずに水に溶けないボックスティッシュをついつい使ってしまっていると、トイレの床が水浸しという羽目にもなってしまうことでしょうね。

その他、給水タンクから水があふれているという場合には、浮き球が外れているというケース以外にも浮き球で制御されているボールタップという部品が原因であることも考えられます。このボールタップ自体が破損していたり、ボールタップの中にあるパッキンが劣化している場合もたまにあるようです。いずれにしても、トイレの汚物が便器から溢れ出るとそれこそ大変です。早急な対応が必要でしょうね。

このページの先頭へ