トイレのタンクに水が溜まらない。

我が家はボロアパートに住んでいるので、あちこちにガタが来ている。つい先日も、トイレのタンクに水が溜まらないというトラブルに見舞われた。

そのずっと以前から、トイレの水を流したあと、いつまでたってもチョロチョロと細く水が流れているのがずっと気にはなっていたけれど、音がうるさいということもなく、水道代が跳ね上がったということも特になかったので、あまり気にしていなかった。ところが最初はチョロチョロだった細い水も気づけばサラサラと小川のように流れ続け、しまいにはいつまでたってもタンクに水が溜まらず延々と滝の様に流れ出し、止まらなくなってしまった。蓋を開けて浮き球で栓をしても、一向に水は止まらない。慌てて不動産屋に電話すると、とりあえず元栓を閉めてくださいと言われたのでその通りにした。すると確かに水が止まった。そして修理屋を呼び、見てもらうことになった。するとトイレタンク内にある結露防止用の発泡スチロールが劣化してブヨブヨに膨張し、そのブヨブヨが栓の部分を圧迫して折れかかっているとのことだった。

こうなったらもうタンクごと交換する必要があるらしく、しかも我が家で使用しているタイプのトイレタンクを取り寄せるのに3日はかかるとのことだった。おいおい、その間我が家のトイレ事情はどうなるんだよと思っていたら、元栓を閉めたままでもトイレを流す方法を教えてもらった。用を足した後、バケツいっぱいの水を便器内に思い切り流し込むのだそうだ。えぇえ!?そんなことしたら便器から水が溢れかえっちゃうんじゃ…と思ったけれど、実際にバケツの水を流してみたら、便器から溢れることなくちゃんと奥底に流れて行ったので、私は少し感動してしまったのだった。

それから3日間、トイレのたびにバケツに水を汲むという不便な生活だったけれど、災害の予行練習と思えば…いい経験になったと思う。

このページの先頭へ