万が一故障した場合のことを考えて、元栓の場所は把握済み

我が家でも10年単位前後のスパンで、キッチンや風呂場などの水道の蛇口がキチンと閉まらずに水がチョロチョロと流れ出ることがあります。しかも、私のような男性の場合には女性とは違い多少力があるために、チョロチョロと蛇口の締りが悪くなってからも力任せにハンドルを閉めると水が出なくなるのですが、娘やカミさんが次にその水道の蛇口から水を出そうとした時にハンドルが緩められないことがあります。あるいは例え蛇口から水が出せたとしても、再び蛇口のハンドルを私のようには閉めてくれないのです。従って、再び蛇口から水がチョロチョロと出続けるという羽目になってしまうのです。その後最終的には、私がホームセンターでパッキンを購入してきて蛇口をバラさないといけなくなるのです。

何年もそうしたことの繰り返しなのですが、万が一故障した場合のこともあるので我が家の水道の元栓の場所は把握済みです。と言っても水道の元栓はそんなにややっこしい場所にある訳ではありません。家の外にある上水道のメーターが格納された地面の鉄の蓋を開ければ、メーターのすぐ隣にあります。きっと、家全体の水道の水が止められるようにということを考慮してのことなのでしょうね。

それから、水道から水が出る家の中の各蛇口の足元の付近には、それぞれの水道から水が出ないようにするための元栓もあります。こうした各場所に設置された元栓を閉めるだけでも蛇口のパッキンの交換は可能です。むしろ、その方が家全体の水道の水を止めるということにもならないので良いのかもしれませんね。例えば、洗濯機などはスタートボタンを押せば水が自動で出るようになっていたり、洗濯が終わった後のすすぎの際にも自動で水が出るようになっています。従って、家全体の水道の水を止めない方が洗濯をしたいという場合などには都合が良いですね。

ちなみに我が家では、最近お風呂の蛇口の水がチョロチョロと止まらないのです。

このページの先頭へ