シングルレバータイプの蛇口に取り替えました。

我が家の浴室にある水道の蛇口は、お湯側と水側の各ハンドルでお湯の温度を調節するという旧来型の蛇口なのですが、そうしたオーソドックスな蛇口に代わる最新式の便利な蛇口が販売されていることをつい最近知りました。

その最新式の蛇口というのは、シングルレバータイプの蛇口になるのですが、我が家でもその便利な最新式の蛇口に取り替えました。さすがに最新式の蛇口というだけあって、左右にあったお湯と水のハンドルを交互に調節する必要がなくレバーが一つに統一されており、そのレバー一つでお湯の温度調節や止めたり出したりという機能ができるようになっているのです。これは、使い始めると随分と便利になったということを実感します。今まで二つあったハンドルがレバー一つに統一された上に、そのレバーを上下左右に動かすことによって、水温や水量の調節ができるのですから便利なことこの上ないと言えるでしょうね。

こうした便利な最新機器とでも申しましょうか、このシングルレバータイプの蛇口に交換をしようと思いついたのは、やはり蛇口から水がチョロチョロいつまでも流れるために、パッキンを変えようと思いホームセンターに行ったのがきっかけでした

。我が家のようにそうした交換の時期とちょうど時期が重なる場合には、ツーバルブタイプからシングルタイプの蛇口に代える方がよいのかもしれませんね。しかも、ネットなどでそうした最新式のタイプの蛇口について調べると、その交換の手順まで丁寧に説明してあるサイトなどもあります。そうした意味では、最近のネットの情報というのは、昔の百科事典のようなものですね。しかも、昔の百科事典の場合には、最新の情報が出ても新しく百科事典を買い換えない限りはその最新情報を知る術がないのですが、こうしたネットの情報というのは、日々新しい情報に更新されています。しかも、そうした情報を得るためにお金が要らない無料というのがいいですね。

このページの先頭へ