お風呂の掃除方法

重曹と酢を使ったお風呂の掃除のしかた

毎日のお風呂掃除は面倒ですよね!
水垢やカビやら…。
そんな「やっかい」なお風呂掃除に、酢と重曹が役立ちます。

酢は弱酸性なので、アルカリ性である汚れである水垢などを中和して落とします。
重曹は弱アルカリ性なので、酸性である油汚れを中和して落とします。

排水溝が詰まったとき、汚れがひどいときは、重曹を半カップ振りかけて、それから酢を流すと、汚れが落ちます。
さらに数十分後に熱湯を流しいれるとぬめりを除去できます。

アルカリ性の汚れにはクエン酸で対応しましょう

クエン酸はすっぱいイメージのとおり、酸性の性質を持っています。
お酢の場合、「ツン」とくるあの独特のニオイが苦手な人は少なくありません。
そこで登場するのが、クエン酸です!

酸性のクエン酸は、アルカリ性の性質を持っている汚れを落とすことが得意です。
お風呂場に溜まってしまいがちな水垢や飛び散ったシャンプーや石鹸のぬるぬるもクエン酸が解消してくれます。
そういった汚れが付きやすい浴槽の外側や床や壁、それにシャワーヘッドやボトルラック、浴槽の蓋などの汚れ解消に、うってつけなのです。

・クエン酸洗剤の作り方
水が100mlに対してティースプーン1杯程度のクエン酸を溶かしたものをスプレー容器に入れて、クエン酸水を作ります。
これを汚れの気になるところに直接吹きかけて、濡れた雑巾などで拭き取りをしましょう。
スプレー容器がなければ水を入れたバケツにクエン酸を溶かし入れて、できたクエン酸水で雑巾やスポンジを絞って汚れを拭いた後に、シャワーで洗い流す方法でも大丈夫です。
ただし、大理石を利用しているお風呂場にはクエン酸は使えません。
また、塩素系の洗剤が混ざると有毒ガスが発生してしまいますのでくれぐれも気をつけてください!
クエン酸自体は無害ですが、掃除をする時には換気をしましょう。

古いタオルを利用してお風呂掃除

お風呂を掃除するとき、もし古くなったタオルがあれば、とても役立ちます。
タオルを二等分にしてハサミで切ります。
切ったら、筒状にして、両端を摘んで輪ゴムで結びます。
形としては茶巾のような感じになります。即席のスポンジのでき上がりです。
洗剤をつけて、すみずみまでキレイに掃除ができます。使い捨てですから、思い切り使用できます。
お風呂のスポンジはカビが生えてしまいやすいので、こうした使い捨ての手作りスポンジを作ることで、お風呂に雑菌が繁殖しないようにするといつも清潔なお風呂を維持することができます。

湯垢などはタオル地でも十分除去できますから、試してみてください。
湯垢が頑固な場合は、重曹を付けて即席タオルスポンジで洗浄すると取れやすいです。
使い終わったら、よく絞りそのままゴミ箱に捨ててしまいましょう。
常日頃から、古くなった用途に困ったタオルを残しておくといざというときに重宝します。
細かい部分は、使わなくなった歯ブラシで擦るなどすればキレイになります。
即席タオルスポンジと、歯ブラシで浴槽をいつも清潔にして雑菌の繁殖を防いでください。

最後に一言。

風呂掃除で一番大切なのはまめに掃除することです。
それって面倒じゃん……。そう思いますよね(笑)。
カビの原因となる雑菌は体の汚れに付着しますから、お風呂場の掃除は毎日しましょう。
水垢などの落ちにくい汚れも、洗剤で毎日洗っていると落ちてきます。その上でカビ取りなどの商品を使うとさらにきれいになるでしょう。

排水溝のぬめりなども、まめに掃除をしていると洗剤が付くからか、増加しにくいのです。
しかし袖をまくって、靴下を脱いだり履いたりして風呂掃除するのは面倒ですね。
お掃除をまめにするポイントとしては、入浴中に浴槽やフロ桶や椅子を洗ってしまうことです。
抵抗力の弱い人は、お風呂の雑菌に負けてしまう人もいます。
ですから、きれいなお風呂で快適に入浴しましょう!

このページの先頭へ