トイレ詰まりの解消方法

正しいラバーカップ(トイレスッポン)の使い方

トイレが詰まったとき、皆様はどうされるでしょう?
ここではまず、一般的にも知られている「ラバーカップ」を使用する方法を紹介します。
ラバーカップというよりも「スッポン」という名前のほうが馴染みがあるかもしれませんね。
スッポンの正しい使い方を簡単にご紹介いたします。

まず先端部分をトイレの排水口の中にフィットさせます。

ここで重要なのはラバーカップのゴムの部分を必ず水に浸すことです!
ラバーカップとトイレの排水溝の間に空気が入ると、詰まりを取る効果が薄れてしまいます。
ゴムの部分が水から出ているときは、ゴムが水に浸かるよう水を足してください。
そしてゴム部分がしっかり水に浸かった状態で、排水口に対して水平にゴムを設置し、ゆっくり押し、勢いよく引きぬいてください。

くれぐれもゴムを押すときは「ゆっくり」、引きぬくときは「勢いよく」、この二つを守ってください。
また排水口に対してゴムを押す際は無理やり奥に押し込めないようにしてください。
押し込めてしまうと、詰まっているものが更に奥に入り込んでしまい、取りだすのがより困難になってしまいます。
また、引きぬく際は勢いもあるため、トイレの水がはねる恐れがあります。
便器をビニールシートや新聞紙で覆ったりして対策をしておきましょう。

これで失敗なし! 真空ポンプを使う時のコツ

トイレ詰まりを解消する、ラバーカップよりも強力な道具があります。
それは「真空ポンプ」です。
あまり馴染みがないかもしれませんが、高価なものはプロの業者も使っています。
もちろん弊社にもあります!
ここでは一般の方向けに、真空ポンプでトイレ詰まりを解消する方法を解説いたします。

じつは、この真空ポンプは、ラバーカップの使い方と、ほとんど一緒なんです。

「真空ポンプ」を使う時の1つ目のコツは、トイレの排水の穴にぴったりフィットさせること。
隙間があると真空にはなりませんから効果が半減してしまいますよ。
また、水がある状態で行いましょう。水は、吸引カップの上くらいまで必要です。

2つ目は「真空ポンプ」をぎゅっと無理やり押し付けるのではなく、ゆっくり押すようにすること。
勢い良く力を入れてぎゅっと押すと、つまりの原因がもっと奥まで入ってますます詰まってしまうこともあるので、要注意です。

3つ目のコツは「ゆっくり押したら」「勢い良く引く」こと。
詰まりの原因が引っ張り出されます。
一度で直らなければ、何度かやってみます。
ハンドルを押すときに水がはねるので、ここでも慎重に、ゆっくりと押しましょう。

引っ張り出されたらすぐに流さず、少し待ってからゆっくり水を流してみます。
きちんと流れているようであれば、詰まりは解消されています。
最後まで焦らずにやりましょう。

ワイヤーブラシで解消!

トイレのつまりを解消する方法として、他にもワイヤーブラシを使用する方法があります。
ワイヤーブラシには、1mから5m程度の長さの商品があります。
長いワイヤーをトイレの配水管の中に通していき、詰まっているものを引っ掛けて取り除いたりする道具です。

ワイヤーに関しては長さは3m程度で、手回しのレバーが着いているものが使いやすくてお勧めです。
ワイヤーはパイプの中を進んでいくのですが、あまり細いとパイプの中で進まなくなってしまうので注意が必要です。使用方法としては、まずゴミ袋を用意して、その中心にはさみで穴を開けます。

開けた穴からワイヤーを通していって、袋はテープで便器に固定しておきます。
後はつまりのもとになっているところまで伸ばして、対象物を引っ掛けたり、塊をつぶしたりします。
たまっていた水が上手くひいていくようであれば、一旦トイレの排水レバーの「小」を使用して水を流してみます。
上手く流れているようであれば、つまりは取れているといえます。
ワイヤーを使用する方法は、つまりのもとに到着した時にワイヤーで押し出したり、引っ掛けたりできる程度にワイヤーがしっかりしているものを選ぶことがポイントです。

以上、トイレが詰まった時に自分で解決する方法でした!
無理なときは、どうぞご無理をなさらず(トイレ等が壊れてしまうこともあります)、弊社までご連絡ください!

このページの先頭へ