トイレの掃除方法

トイレの掃除のこつ「湿布式」

トイレの掃除は苦手な人も多いと思います!

トイレ掃除をするときは、まずホコリをでふき取りましょう。
普通に拭いただけではとれない頑固な汚れの部分は、流せるトイレふき取りシート等に洗剤をしみこませ、少しの間湿布のような状態で置いておきます。
そうすると、しつこい黄ばみも落としやすくなります。
軽い力でもよくとれる様になるのでのでオススメです。

これはキッチンでも活用できるので、一度試してみてください。

トイレは目に見えない汚れがあるので、洗剤で便器や便座、床などをくまなく拭くと、効果的です。

秘密兵器・クエン酸

トイレ掃除には様々なグッズが薬局等で販売されていますが、そういった洗剤などの商品ではない、うってつけのモノがあるのです。
エコで安く、かつ、意外なほどすごい効果を発揮してくれる「クエン酸」です。

トイレについてしまう汚れは、水垢や尿石、水道水のカルキなどがあります。
便器にこびりついてしまって、なかなかこすっても落ちませんよね。これらは全て、アルカリ性の汚れです。

そのアルカリ性の汚れを、酸性であるクエン酸で中和してあげることによって、汚れを落ちやすくすることができるのです!

では、どのようにしてクエン酸を使えば良いのでしょうか。
クエン酸は薬局などに行くと、大体は粉の状態で売っているものが一番安く手に入ります。
ここで注意しなければならないのが、クエン酸には食用と洗浄剤があること。
食用は高価なので、掃除に使う場合は、安い洗浄剤用を購入してください。それを用いて「クエン酸水」を作ります。

クエン酸水は、水100mlに対して、クエン酸を小さじ1/2ほど入れます。
よく振ってクエン酸が溶ければ完成です。

クエン酸水をトイレットペーパーにスプレーして、黄ばんでいる箇所などに貼り付け、1時間ほど放置して汚れをブラシなどでこすると、汚れが落ちやすくなります!消臭の効果も期待できます。

ただし、クエン酸はサビの原因にもなるので、必ず残らないように拭き取ることが大切です。
また、塩素系のものと混ぜると有毒ガスが発生するので、よく注意して使用してください。

効果的なトイレのタンクの掃除方法

トイレをこまめに掃除する人はたくさんいると思いますが、目に付く場所は掃除してもタンクのような普段目に見えない部分の掃除をこまめにしているという人は少ないのではないでしょうか。

ここでは、なかなか掃除の経験がないと思われるトイレの「タンク」の掃除方を紹介します。

必要なものは、手袋、柄つきブラシやスポンジ、歯ブラシ、アルカリ洗剤などです。
掃除の方法は、タンク内の水を抜き空にして、柄つきブラシにアルカリ洗剤をつけてタンク内の壁面の汚れを落とします。
(まず止水栓を止めて、その後レバーを引けば、タンク内部の水は抜けます)

タンクの掃除は、柄つきブラシでこすり、スポンジでふき取るようにするとキレイになります。

パイプの「浮き」は、金属類などの部分をスポンジや歯ブラシで汚れを落とし、再度タンクに水を溜めてから水抜きをします。最後に水を溜めて汚れていたら掃除をして排水するという事を繰り返し、キレイになったら終わりです。

アルカリ洗剤を使用すれば、トイレの部品などを錆付かせたり腐食させないように掃除できます。
なおかつ何度も水を排水させるので奥まで汚れが取れ、取れ終わるまで繰り返す事できちんと汚れが落ちます。

トイレタンクの汚れを放置するとにおいの原因や便器が汚れる原因になってしまいます。
また、タンク内にあるゴムの栓に汚れが付着すると、トイレの水が流れっぱなしになるなどの故障を引き起こす可能性があります。
年に一度でいいので、タンクのお掃除もやってみましょう!

このページの先頭へ