洗濯機の掃除方法

洗濯機のお掃除方法について

長年使っている洗濯機、いつも回っているものだから汚れないなんて思っていませんか?
じつは洗濯機も、かなり汚れます。
しかもひどい時は、洗濯槽の裏にびっしりとカビがこびりついてきます。
放置すると、このカビがはがれてきて洗濯物に付着してしまう可能性があり衛生的にもよくありません。
今回は洗濯機のお掃除方法を紹介します。

洗濯機のお掃除をするのに市販の洗濯槽クリーナーを使う人もいると思いますが、それでは粉状の黒カビが取れるだけでドロドロについたカビは完全に落ちません。
しかも嫌な臭いも残ったままになるのでお勧めしません。洗濯機のお掃除におすすめなのは、「酸素系漂白剤」です。酵素系漂白剤を使うとカビ汚れはもちろん嫌な臭いも完璧に落としさってくれます。

酸素系漂白剤は過酸化ナトリウムが原材料です。
そのため強い発砲力があり、洗濯槽にこびりついた汚れを一気にはがし取ってくれます。

殺菌効果は塩素系漂白剤と比べると劣るのですが、とにかく汚れをはがしてくれるため、見た目で汚れが落ちたことをしっかりと実感することができます。
そして塩素系漂白剤と比べると扱いがそこまで危険ではなく、ツンとした鼻につく臭いもないので安心して使用することができます。このあたりは、掃除するときに意外と大切なポイントですよね。体に悪そうだと、なんだか腰を据えて掃除できません。

たとえば、数年間ずっと洗濯槽の掃除をせずに放置をしていた場合は、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を交互に何度か使用し、それぞれの特徴をうまく利用するのが良いとされています。
1〜2か月ごとにこまめに掃除をする場合は酸素系漂白剤だけでじゅうぶん汚れは取れるでしょう。

ちなみにどんなものが酵素系漂白剤として市販されているかというと「ブライト」や「パックス」などがあります。
お手入れの仕方ですが、洗濯ネットを外した後に40度から50度ほどの温度のお湯を洗濯機の満水まで入れます。
次に酵素系漂白剤を1キロ程度たっぷりと投入し、洗いのみで5分ほど回します。
その後、その状態で2時間から3時間ほど放置し、その後再び洗いのみで5分ほど回します。
回しおわったら浮いたごみをざっと掬って、そのあとに洗濯ネットをつけてからすすぎ、排水、脱水を行います。
終わった後に洗濯機の底のほうにあるごみをふき取って、もう一度高水位で洗い、すすぎ、排水、脱水をしてごみが気にならなくなったら掃除の完了となります。
もしもまだごみが出てきたら今の動作を気にならなくなるまで繰り返し行いましょう。
気持ちいいほどに洗濯槽の汚れを落とす酸素系漂白剤、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

おまけ:洗濯機の水抜き方法

洗濯機には常に水が入っている状態です。洗濯していない時でも、見えないところに水は溜まっています。

引っ越しの時などは、洗濯機の中に入っている水を抜く必要があります。
そのためには水抜きの方法を知っておく必要がありますので、詳しくお教えいたしましょう。

まずは水道の蛇口を閉めた状態で洗濯機のスタートボタンを押しましょう。
そうすることでまずは給水ホースの中の水が抜け、洗濯機の水が洗濯槽に移ります。
その後、給水ホースを外しましょう。
いったん電源を切り、再度電源を入れます。
そして「脱水」のみを設定し、作動させます。
そうすると洗濯槽の中の水が脱水されたので、水抜きが完了されたことになります。

以上が洗濯機の水抜きの方法になります。

洗濯機自体を斜めに傾けて水抜きをおこなうという力技もあるのですが、この方法は危険なため、あまりおすすめとはいえません。
先ほど説明した水抜き方法でおこなうことをおすすめいたします。
この方法は縦型の全自動洗濯機、ドラム式の場合両方おこなうことができます。
洗濯機の種類によって違う場合もあるのですが、糸くずフィルターの中に水がたまっているものもありますので、脱水の後に糸くずフィルターを外してその中の水を取り除くことも忘れずにチェックをしてみてください。

このページの先頭へ