水漏れが起きた時の対処

住宅の水漏れについて

住居のトラブルで多いのが水漏れです。
水を流すためのバルブというのは緩んでしまいやすく、できた隙間から水が漏れたり、また腐食も大きな水漏れの原因になります。
また、住宅の水漏れは部品の劣化によるものも多く見られます。
住宅には水を使う場所が何ヶ所かありますが、特に使用頻度が多いのはトイレです。
そのことからトイレの部品というのは特に劣化をしてしまいやすく、タンク内の部品が腐食してしまったり位置がずれたり、部品を止めている金具が古くなってしまうことで排水管から水漏れを起こしやすくなります。
気がついたらまずや元栓を締めて、タンク内の異常を確認、そしてバルブに緩みや亀裂がないかを確かめるといいでしょう。

また、キッチンや浴室での水漏れは、蛇口が緩んでしまったりパッキンの老朽化によって、よく周囲が水浸しになってしまってから気がつきます。
この場合にはホームセンターなどで売られている道具で対処できますが、目に見えない箇所でも水漏れは発生します。水道料金が急激に上がっていて驚いて調べてみると、地中に埋められている水道管が腐食していたり、動植物によって穴が開けられているなどして水が漏れている場合もあります。
特に古いアパートや一軒家に多いトラブルですので、気がついたら早急に業者に調査や修理を依頼しましょう。

蛇口からの水漏れ

蛇口を止めても水が完全に止まらず、水漏れしてしまう…。
多くの場合、それは蛇口に内蔵されているバルブやパッキンの故障や摩耗に因るものです。

蛇口などで水漏れが発覚したら、まずは止水栓を締めてしまうことで無駄な水が流れ続けるのを防ぐことが可能です。
止水栓は、水道の元栓に当たるもので、戸建てなら玄関先など水道メーター横にあることが多いです。
これを閉めれば、業者さんが来るまでの漏水は完全に止められます。

ただし、止水栓を締めてしまうと、漏水している蛇口以外の水も止まります。
どこかで水を使う必要がある時は止水栓を開け、使い終われば閉める。それ繰り返すのが、応急処置としてはベストでしょう。
もしも止水栓を開けた時に蛇口から漏れる水がもったいないなら、何かで受けて、風呂用の水に回すこともできますね。
蛇口からの水漏れ修理には部品の交換が必要な事が一般的です。
ペアの部品がないのに蛇口を分解したり、蛇口から滴る水を詰め物をして防ごうとしたりするのは、他の部分まで悪影響を与える事がある為、行わない方が良いでしょう。
水道には元栓に当たる止水栓がある事を覚えて置き、水のトラブルが生じた時は、とにかく止水栓を閉めましょう。
その後、専門業者に修理依頼と、修理してもらうまでどうしておくのが良いかを確認しましょう。

集合住宅で水漏れが起きた時の対処法は?

マンションなどの集合住宅では、上下の階とつながる水道管を収納するパイプスペース(PS)という空間が部屋の角などに設けられており、ここから水漏れすることがあります。
何らかの原因で水道管が破損してパイプスペース内に水が溜まり、そこから漏れ出た水が壁や床を濡らしてしまうのです。

このような漏水が発生した場合は、すぐに大家や管理会社などに相談してください。
賃貸か分譲かにかかわらず、居住者が正確な図面を持っていることはほとんどありません。
建物の管理者に修繕を依頼する必要があります。

休日などで電話がつながらない場合は、紙おむつやペット用シートなど、水を吸収するものを漏水箇所に当てて、水による被害が広がらないようにしてください。
当日から数日のうちに、管理者から連絡を受けた工事業者が来訪し、パイプスペースがある壁に穴を開けて、その内側にある水道管の修復を行います。次に、壁と床を修繕しますが、濡れたフローリングやカーペットはすべて貼り替えることになります。たとえば、漏水箇所がリビングで、フローリングが玄関までつながっている場合は、リビングから玄関まですべて交換します。
費用が気になるところですが、経年劣化で水漏れが発生した場合など、居住者に落ち度がなければ、大家やマンション管理組合が加入する保険で修理費用が支払われることがほとんどです。
落ちつて対処しましょう。

このページの先頭へ